商品

高難度助成金業務導入ハンドブック

ISBN978-4-909763-03-7
ISBN978-4-909763-03-7
ISBN978-4-909763-03-7
ISBN978-4-909763-03-7
ISBN978-4-909763-03-7
ISBN978-4-909763-03-7

著者:菰田泰隆(弁護士法人菰田総合法律事務所 代表弁護士)
ページ数:80
体裁:四六版
送料:一律300円(ゆうパックの場合、地域により変わります)
ISBN978-4-909763-03-7

高難度助成金業務導入ハンドブック 評価: ★★★★★ 4.6 5
5 1
この商品のレビューを書く

在庫状態 : 在庫有り

販売価格  ¥1,990(税別)

数量  

助成金業務を扱わないことは、顧客への裏切りであり、
事務所の成長を自ら放棄する行為である。

 

本書は、「高難度」助成金業務に取り組む社労士のための書籍です。リスクの塊と言われ、多くの社労士から敬遠される助成金業務。しかし、事務所経営上これ以上魅力のある業務はありません。クライアントからの営業反応率、クロスセル、アップセルの容易性。あなたの事務所の収益を高めるのに、これ以上の業務はありえない。それが助成金業務なのです。

本書の著者である菰田泰隆弁護士・社労士は本書の中で、「助成金業務を扱わないことは、顧客への裏切りであり、事務所の成長を自ら放棄する行為である」と断言しています。そのくらい、助成金業務は社労士にとって根幹であり、クライアントに貢献する以上、外せない業務だといえます。加えて、社労士だけではなく、行政書士や税理士などの他士業でも助成金業務は活用できるといいます。

しかしながら、入金スケジュールの遅さ、不正受給のリスク、情報収集の労苦を考えると、どうしてもほかの業務に目が移りがち。わかっていても、助成金業務を取り扱うことは遅れがちになり、多くの機会を失っているのが現状です。

そこで、本書では社労士登録たった1年で、社会保険労務士法人を設立し、助成金業務を中心に契約顧問数をほぼ紹介のみで増やし続けている菰田泰隆弁護士・社労士に助成金業務を取り扱い、高額報酬を実現する方法を解説していただきました。

本書では、これまでの助成金業務の概念を覆すような内容を収録。どのようにすれば、リスクなく助成金業務で売上を拡大できるのか、そのすべてを解説しています。ぜひ、あなたの事務所経営にお役立てください。

TIPS001 「報酬の入金が遅い」はデメリットではない
TIPS002 不正受給のリスクは防ぐことができる
TIPS003 最新情報をあなたが集める必要はない
TIPS004 助成金業務が「面倒だ」という実務家の末路
TIPS005 助成金業務の本質はどこにあるのか
TIPS006 なぜ、助成金業務を取り扱うことが「ベスト」なのか
TIPS007 助成金から高額報酬を実現するビジネスモデル
TIPS008 行政書士、税理士などの他士業が助成金業務に精通する効果
TIPS009 高難度助成金業務の導入について
TIPS010 助成金業務で同業他社と差別化する方法
TIPS011 「労務支援」では、高額報酬を見込むことはできない
TIPS012 助成金と顧問契約は、セットで考えなくても良い
TIPS013 助成金のすべてを把握する方法
TIPS014 助成金業務と補助金業務の決定的な違い
TIPS015 助成金業務のスケジューリング
TIPS017 経営者はお金と「スタンス」で考える
TIPS018 助成金業務契約のキラートーク
TIPS019 助成金業務は、売上をつくる業務である
TIPS020 ライバル不在のこのマーケットで、あなたはどんな判断をするのか

菰田泰隆(弁護士)

弁護士法人菰田総合法律事務所代表弁護士
株式会社日本歯科総合コンサルティング代表取締役

1983年生まれ 九州大学法学部・早稲田大学大学院法務研究科卒。2012年、弁護士登録と同時に菰田総合法律事務所を設立 「弁護士こそサービス業である」を理念に、通常の弁護士事務所では行わないサービスを次々に行い、顧客を増やす。 右肩上がりの業務量に伴い、開業当初から毎年勤務弁護士や事務スタッフを増員し続ける(2017年現在、弁護士数7名) また、弁護士業界では珍しくネット戦略に注力し、オフィシャルサイトの他に分野別専門サイトを5サイト運営し、ネット集客と人脈構築の双方にて大きな成果を上げ続けている。 現在は、事務所として家事事件を柱としながらも、菰田弁護士個人としては上場企業向け労務コンサルに注力し、IPOにおける労務コンサル、M&Aの労務デューディリジェンス等にも注力している。 今後も従来の弁護士が行っていなかったスキーム構築を続け、市場における弁護士の価値創造に努め続ける。

POWER TIPSシリーズ とは、パワーコンテンツジャパン株式会社の出版部門
「パワーコンテンツパブリッシング」の出版シリーズ。

無駄を省き、余計な解説、必要のない背景説明、紙面稼ぎの図版等をすべてカットし、
本当に必要なものだけ集めたノウハウが凝縮された書籍シリーズです。
あなたにとって必要な情報だけ、無駄なく学べる。

それがパワーコンテンツパブリッシングの「POWER TIPS」シリーズです。

レビュー一覧

★★★★☆
4 5 1
改めて、社労士の営業ツールには助成金が有用であると思いました。 また、助成金を取り扱う心構えについても参考になりました。

★★★★★
5 5 1
ポイントは「顧客への貢献」に尽きる、この一言です。菰田先生の高いお志に触れ、"三方よし"の実現により結果を出すという自身の理想を改めて思い出す事ができました。

★★★★★
5 5 1
助成金に対する見方が変わりました。 社労士にとって、助成金は邪道であるようなイメージがありましたが、極めると相当に高難度で、しかもお客様にとってこれ以上ないほどのメリットを感じました。 書籍としては薄いですが中身は濃く、忙しい中ですぐに読め、読み返しやすいところも嬉しいです。読み返すごとに新しい気づきがあります。

★★★★☆
4 5 1
士業として助成金業務に関わることが顧客へのサービスとして不可欠であることが述べられている。助成金への意識が大きく変わる書籍であり、特に経営者へ直接的な資金支援ができるサービスとしの意識が高まった。。

★★★★★
5 5 1
助成金は行政書士の自分には扱えないものとの思いから、助成金の問い合わせがあっても、断り続けてきましたし、知識も蓄えることなく過ごしてきました。 本書を読んで、自分では申請できなくても、お客様にご案内することはできるし、お客様の利益につながることですから、窓口となることもできることを実感しました。 できない、と頭から決めつけるのではなく、そこに関わることはできないかという思考が大切だと思いました。 菰田先生の文章がとてもわかりやすく、大切なことがすっと頭に入ってくる、読みやすい一冊です。

関連商品

この商品を買った人はこんな商品も買っています